美容のため習慣

美容には睡眠が大事!

ただ眠っているだけと思われがちな睡眠時間ですが、実はその間、体の中では様々なことが行われています。たとえば、成長ホルモンや女性ホルモンの分泌です。成長ホルモンは文字通り、体を成長させるホルモンのひとつです。しかしだからと言って成長期の子供にだけ必要なホルモンと言うわけではなく、肌の生まれ変わりや発毛や育毛、筋肉の発達や脂肪燃焼と言う役割も担っているため、老若男女問わず、美容と健康のためには欠かすことができないホルモンだと言えます。そして女性ホルモンは、女性の美容と健康を司っていると言っても過言ではない存在です。見た目の美しさを左右しているのは勿論のこと、精神状態の美容に対しても非常に大きな影響を及ぼすため、心身共にはつらつとした美容を目指すためには重要なホルモンと言えます。この内、成長ホルモンの分泌に関しては入眠後3時間にその分泌が盛んになることが、そして女性ホルモンに関しては浅い眠りであるレム睡眠と、深い眠りであるノンレム睡眠が交互に繰り返されることで分泌が正しく行われると言うことが明らかにされています。ですから、少なくとも3時間以上は、質の良い睡眠をとることが美容にとっては非常に大切です。そして質の良い睡眠をとるためには、朝、日光を浴びることで体を目覚めさせ、夜になると眠くなると言うサイクルを作ることが重要です。ですから明け方近くや昼間、あるいは夕方頃に、睡眠は美容に良いからと言って眠っても、それはあまり美容のためになるとは言えないので注意が必要です。そしてまた睡眠中には、記憶の整理も行われています。嫌なことがあっても、その気持ちをどうにか切り替え頑張ることができるのは、この記憶の整理が行われているからこそと言うこともできます。こう言った心の美容を保つ上でも、やはり睡眠は非常に重要です。

美容の為に食生活の見直しを

美容に気を遣いたいなら食生活を見直さなければいけません。
まずインスタント食品には合成添加物が多く含まれていますが、こちらは細胞を老化させますのでできるだけ添加物の多く含まれていないものを食べるようにしましょう。
基本は自炊が一番です。コンビニなどで販売されているお惣菜なども腐らなくするためにかなり添加物を多く入れている場合もあります。
あとよく美容には油が禁物と言われていますが全ての油が悪いという事は有りません。
オリーブオイルでしたら沢山摂取しても太る原因になりませんのでできるだけオリーブオイルを使うようにしましょう。サラダに使うのもいいですし揚げ物に使うのもおすすめです。
多くの野菜は過熱する事で栄養素が損なわれてしまいますので生でも食べられる野菜は出来るだけ生で食べるようにしてください。
どうしても温めたい場合にはゆでるのではなく蒸して食べるのがいいでしょう。
また美容のためにはバランスよく食事をとることが大事ですがタンパク質とビタミンAとビタミンCに重点を置いたものを食べるのがおススメです。
タンパク質と言えば動物性のイメージですが肉よりも魚の方が同じタンパク質でも低カロリーになります。
ビタミンBも色々な食材に含まれていますがあえて献立を考えるのが面倒というのでしたらご飯を玄米に変えてみるといいでしょう。
玄米には沢山のビタミンBが含まれていますし食物繊維も豊富ですので便秘による肌荒れに悩んでいる方にもいいのです。
女性にはエストロゲンが必要になりますが、大豆には女性ホルモンと同じような働きをする大豆イソフラボンが含まれているため豆腐や納豆などを食べると女性らしい肉体美を作ることができます。

美容と健康の為には歩く時間を増やし筋肉をつける

近年では、美容や健康に関する情報を、テレビ番組や雑誌の記事、インターネットのサイトからなど、手軽にたくさんの情報を手に入れることができ、年代を問わず意識と関心が高まっているようです。
この美容と健康のためには、毎日の生活習慣はとても重要になります。不規則で生活習慣が乱れていると、肥満や脂質異常、糖尿病などの、生活習慣病へのリスクが高まるものです。このことを回避するためには、運動をすることが大切になります。
例えば、ウォーキングや、特に下半身を鍛えて筋肉をつけるのが良いでしょう。美容と健康には、基礎代謝を上げて血液の循環を促し、脂肪を燃焼することが重要です。そうすると、血液中のコレステロールや中性脂肪の減少、血糖値の上昇を抑えることになり、生活習慣病の予防につながります。
また、美容のためには加齢とともに身体におこるさまざまな老化は、なんとか防ぎたいものです。ウォーキングや、身体の筋肉量を増やすことは、成長ホルモンの分泌を促進させてくれることにもなるようです。身体全体の血流が良くなることで、脳の働きも活性化されて記憶力や集中力などが高まるといわれています。
ウォーキングは、20分程度が効果的とされていますが、歩く歩幅を大きくしながら、普段の歩くスピードよりも速く歩くことで、さらに効果が期待できるようです。慣れてきたら、歩く時間を増やしていくのもいいでしょう。
また、ウォーキングの前に身体を軽くストレッチをして筋肉を動かしておくと、より基礎代謝を上げることができそうです。歩いて下半身の筋肉を量を増やすことは、美容と健康にとても大切なことになるので、普段の生活にとりいれて継続していきたいものです。

■まつ毛育毛を毎日の習慣にして華やかな目元を手に入れましょう
ルミガン